すべては、太陽光発電式の 1 台の鉄道信号から始まりました。

Sungrow は、合肥工業大学教授である曹仁賢氏によって設立された企業です。中国西部の農村地域に電気が十分に行き渡っていない状況に接し、これを痛感した曹仁賢氏は 1997 年に大学を辞め、500,000 元を募って Sungrow Power Supply Co., Ltd. を設立しました。

時代のニーズに応えるアイディア

曹仁賢教授は電気の普及率を向上させようと、中国西部の農村地帯における安定的な経済成長を支援してきました。それも、あらゆる犠牲を払って経済成長を達成しようとするのではなく、再生可能なエネルギー源に基づく持続可能な成長を選んだのです。

Sungrow の初めてのクライアントは、新疆ウイグル自治区南部の鉄道で信号電力の供給を監視するエンジニアであり、1 台の信号のための 1 台の太陽光電源が発注されました。この注文は 1998 年、合計 87,000 ドルの企業収入をもたらしました。

最初の試験的な発注が成功してから、注文が増え、企業の業績が拡大してきました。事業の成功に加え、Sungrow の強みとなったものは、太陽光技術がまさに時宜にかなったアイディアであるという事実でした。

現在、Sungrow は 15 億ドル以上もの価値を持つ企業に成長してきました。中国の主要ハイテク企業として名を馳せ、太陽光エネルギー、風力エネルギー、蓄電、新エネルギー自動車駆動システム、水上/陸上太陽光発電所に関する研究開発製造販売、およびサービスを専門的に扱っています。私達の目標は常に、クリーンな電力をすべての人に、現在、未来にわたって提供することです。

Sungrow は毎年、数百件の新特許を申請しています。2019 年 6 月の時点では累計 1,600 件以上の特許を獲得し、太陽光発電業界の革新をリードしています。
AC/DC 変換、エネルギー経路の切り替え、電気自動車のエネルギー変換、そしてクリーン エネルギーをクリーン電力に変換する、といったクリーン電力変換技術は、Sungrow の揺るぎない戦略です。